総務省ロゴ

総務省がこれからの日本を創るあなたを応援します。

今、日本は、失敗を恐れずに探求する、大いなる可能性がある
ICT(情報通信技術)分野への挑戦者-異能(Inno)な人を探しています。

異能Innovationプログラムについて

趣旨

 現在、研究開発等による成果を社会経済変革(イノベーション)につなげることが強く求められており、政府全体として、それを実現するための新たな仕組みづくりをしています。このような中、ICT産業は全産業の名目国内生産額合計の約1割を占めかつ全産業に密接に関連しており、国全体として情報通信技術の確保・維持が重要です。このためには、官民の研究開発能力を結集し、我が国が強みを発揮すべき技術分野を見定め、確実に社会実装につなげるよう、公的な予算・人材を重点投資するとともに、産学連携の強化や外部の資金・人材の活用など、我が国全体の力の結集を促す仕組みの構築などを通じて、イノベーション創出を実現していくことが求められます。
 情報通信審議会諮問「イノベーション創出実現に向けた情報通信技術政策の在り方」(中間答申:平成25年7月5日 最終答申:平成26年6月27日)では、イノベーション創出の仕組み(国が実施するICT研究開発プロジェクトや公募型研究の実施見直し)や今後取り組むべきパイロットプロジェクト等につきとりまとめました。総務省は、中間答申を踏まえ、ICT成長戦略の一つとして平成26年度から独創的な人向け特別枠「異能(Inno)vation」プログラムを開始しました。
 「異能(Inno)vation」プログラムでは、「破壊的イノベーション」の種になるような技術課題に挑戦する方を支援します。

ICTとはInformation and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略で、日本語では「情報通信技術」という意味で使われる用語です。

募集する人物像

 日々新しい技術や発想が誕生している世界的に予想のつかないICT(情報通信技術)分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性があり、奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する方。ゴールへの道筋が明確になる価値ある失敗に挑戦することを恐れない者。

予定者数

  • 一次選考 30名程度通過予定
  • 最終選考 10名程度通過予定
※再公募を行うことがあります(例:一次選考通過者数が30名の半数に満たない場合など)。

応募資格

・日本国籍を持つ者(居住地問わず)または終了まで日本国内で技術開発を実施することが可能な者(国籍問わず)。
・年齢は問わない。

技術開発期間

一次選考終了後(平成28年8月中旬を予定)から最長で1年間(平成29年8月中旬頃まで)。
※1年に満たない時点で開発を終了した場合、その時点でのスキップ卒業が可能です。

技術開発期間における開発支援額

300万円を上限とする。
※業務実施機関が煩雑な事務を代行しますので、原則として現金支給は行いません。
※人件費の支給が必要な場合、支給対象者の前年度の収入を基に単価を算出します。

選考および結果の開示

  • 選考
    業務実施機関による形式チェックの後、一次選考を実施。一次選考通過者への通知は平成28年8月中旬頃を予定。最終選考では面接等を求めることがある。

  • 評価の観点
    評価はスーパーバイザー、プログラムアドバイザーが行います。評価の目安は次の通りです。
    独創性:破壊的な技術課題に挑戦する方に相応しいアイデアや特徴を持っているか
    自己追究性:他者に根拠や理由付けを求めない自己追究的な姿勢を持ち合わせているか
    認識の明確性:挑む技術課題についてその可能性や問題点、解決方策、あるいはどこが未知の領域なのかについて明確に認識しているか
    不屈の精神:挑む技術開発テーマに絶対感を持ち、最後に成功するまで挑み続ける気力があるか

     ※本プログラムの評価に関しては、これまでの経験や能力よりも「予想がつかない技術課題に強い意志を持って挑む」ことができるかどうかを重視します。その上で道筋を立てて課題に挑み生まれた失敗は、以後に活かすことのできる「奨励される失敗」と考えられるからです。
     課題達成に向けた仮説が構築されており、かつ、失敗してもその失敗によって次の道筋が明確になる提案を期待しています。

  • 選考結果の開示
    一次選考、最終選考ともに公式ホームページにて通過者の氏名、在住の都道府県及び技術課題名を開示する。なお選考に通過しなかった者に対しては特段の連絡を行わない。

技術課題支援体制

本プログラムでは、最終選考通過者の技術開発遂行に対し、「業務実施機関」と「スーパーバイザーグループ」が支援を行う。
経費や物品の管理等の煩雑な事務等を業務実施機関が代行することで、技術課題に挑戦する者が可能な限り自らの技術開発に没頭できる環境を構築する。
スーパーバイザーは技術課題に挑戦する者に対し技術開発への助言及び評価を担当する(スーパーバイザーが技術開発に介入することはない)。
最終選考通過者は、これらの支援を最大限活用し、ICT分野におけるアンビシャスな技術的ゴールに向けて、失敗を恐れずに技術的な挑戦をするものとする。

スケジュール

時期内容
平成28年 5月20日(金)公募開始
受付期間:5月20日(金) 11:00 〜6月27日(月) 18:00
6月27日(月)公募終了
8月中旬 一次選考 一次選考通過者の発表
9月末 最終選考 最終選考通過者の発表
平成29年 2-3月 「スプリングスクール」(応募者と企業のマッチング、成果発表)
8月中旬頃 終了評価
■お問い合わせ先
株式会社角川アスキー総合研究所
「異能vation」事務局
お電話でのお問い合わせ

電話:03-5840-7629
受付時間:
月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせいただいた内容を確認次第、担当者より折り返しご連絡いたします。
お問い合わせいただいた内容によってはご返答までにお時間をいただく場合がございます。
予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。


▲ページトップへ戻る