総務省ロゴ

総務省がこれからの日本を創るあなたを応援します。

今、日本は、失敗を恐れずに探求する、大いなる可能性がある
ICT(情報通信技術)分野への挑戦者-異能(Inno)な人を探しています。

異能innovation Q&A

協力・協賛企業に関して

協力・協賛企業になりたい場合はどうすれば良いですか。

「異能vation」事務局までご連絡ください。

協力・協賛企業の情報はいつ掲出されますか。

本事業Webサイトにて、8月20日以降に公開する予定です。

会社として応援したい場合はどうすれば良いですか。

それは会社にお任せします。企業内での応募者がいた場合は、是非その応募者を支援し、所属機関として研究に集中できる環境を整えていただけると幸いです。

協力・協賛企業というキーワードはありますが、それ以外で先につながるビジネス性に関して議論はされているでしょうか。

本プログラムは、国としての研究開発支援資金(競争的資金)制度の一部としてスタートしています。その中で協力・協賛企業というのは、競争的資金制度 活用をベースにそれを拡張した取り組みに対して設けている仕組みです。総務省から受けられる支援限度額はあくまでも300万ですが、ここで出てきた知的所有権は全て個人に属します。本プログラムを卒業後ビジネスとして発展させることは十分可能です。

協力・協賛企業という存在を聞くと、今回の採択者は最終的にその成果を企業に渡すものだというようなイメージを持ってしまうのですが、そのような必要性がある事業なのでしょうか。

企業と組んだ場合でも「技術課題へ挑戦する個人が生んだ成果はその個人に帰属する」すなわち、知財の所在は個人です。問題が生じた場合には、総務省と事務局(法律家を含む)が連携して個人を守ります。
その前提の上で、協力・協賛企業と自由に提携をし、研究者の方々がより良い環境で挑戦できるよう事務局は支援体制を構築していきます。

■お問い合わせ先
株式会社角川アスキー総合研究所
「異能vation」事務局
お電話でのお問い合わせ

電話:03-5840-7629
受付時間:
月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせいただいた内容を確認次第、担当者より折り返しご連絡いたします。
お問い合わせいただいた内容によってはご返答までにお時間をいただく場合がございます。
予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。


▲ページトップへ戻る